任意整理の費用は分割払いにできるの?

任意整理を弁護士に依頼すると費用が高いと迷っている人も少なくありません。
しかし、弁護士に依頼して生活を立て直した人も少なくないのです。
とはいえ、お金に困っているから任意整理をすることになったはずでしょう。
どうしているのでしょうか。

 

配慮があります

弁護士に任意整理を依頼しても、費用が高かったら意味がないのではと思われる人もいらっしゃるかもしれません。
しかし、支払方法や初回相談料については配慮をしている弁護士が多いです。

 

これは任意整理をお願いする人の事情を分かっているからであり、あまり高いハードルにしてしまうとやってくれる人がいなくなってしまいます。
それでは意味がないでしょう。

 

初回相談は無料

債務整理を得意とする弁護士は、債務整理関係の相談だけは初回は無料としています。
通常は30分5千円程度の相談料をもらっている法律事務所でも、任意整理などの債務整理の相談は初回相談料を無料としていることがほとんどです。

 

また、債務整理の相談ではどの方法で債務整理をするかを決めます。
ただ、ほとんどの場合初回相談だけで方針が決まりますから、2回目以降はお金がかかると心配する必要はありません。

 

分割払いが可能です

任意整理のような債務整理を弁護士に依頼すると、報酬は決して安くありません。
しかし、分割払いが可能な法律事務所がほとんどなので、この点も心配することはないです。

 

支払うコツがあります

また、任意整理を弁護士に依頼する際には、支払方法にもコツがあります。
ちょっと考えていただければ分かると思いますが、任意整理をする人はお金がありません。
しかし、任意整理の報酬をみなさんきちんと支払っています。

 

考えてみれば不思議な話です。
どうしているのでしょうか。

 

任意整理がスタートすると…

任意整理がスタートすると、弁護士が信販会社や消費者金融に通知を送ります。
そして、債務金額を確定しないと交渉ができないため、いったん返済をすべてストップするのです。
銀行引落であれば、口座をゼロにしておくように指導されるでしょう。

 

こうすることで毎月の返済資金が浮くはずです。
この資金で弁護士の報酬を支払います。

 

返済再開時には支払が終わっていることも

こうして、早い人だと任意整理の和解が整う時には、弁護士報酬を支払い切っている人もいます。

 

もちろん、そのような人ばかりではありません。
しかし、先ほど述べたように支払が終わっていなくても、分割払いで支払ができますし、任意整理の返済計画も弁護士への報酬支払を考慮してくれます。

 

こうして無理なく弁護士報酬の支払をしつつ、任意整理の計画通り返済を再開することができるのです。

 

返済を続けるコツ

ただ、任意整理の返済計画を正確に決めるためには、最初の無料相談の際に、自分の収入や債務金額を正直に言うことが大切です。
収入を多めに言ってしまうと、無理な返済計画になりかねません。

 

任意整理は返済が滞ると、いきなり給料の差押などができるような取り決めになっています。
返済ができないということは許されないことを念頭に入れて、万全のプランを立てることが大切です。

 

収入は正直に言おう

とはいえ、弁護士に収入を高めに言わないと相手にされないのではないかと、多めに収入を言ってしまう人もいます。
給料明細を一緒に持ってきてほしいと言われることもあるため問題は生じにくいのですが、正直に言わないと弁護士も仕事がやりにくくなるでしょう。

 

弁護士もお医者さんのようなものです。
正直に言わないと「適切な対応」ができません。

 

貯金をしよう

そして、弁護士が必ず行ってくれるアドバイスとして「貯金をしよう」というものがあります。
任意整理をすると借金はできませんし、クレジットカードも使えません。

 

緊急事態に対応するためには貯金しかないのです。

 

どんな弁護士がベスト?

では、弁護士を依頼するとした場合、どんな弁護士がいいのでしょうか。
弁護士費用を分割できる先生ばかりがいいとは限りません。
やはり、債務整理を得意としている弁護士がベストでしょう。

 

餅屋は餅屋

餅屋は餅屋という諺があります。
弁護士も専門分野があり、どんな弁護士でも債務整理が得意で任意整理をしっかりできるとは限りません。

 

そのため、ネットなどで債務整理を得意としている弁護士を探す必要があります。
最近は任意整理や離婚訴訟など、生活に結びつく法律問題を取り扱う弁護士が増えているので探しやすいでしょう。

 

大手がいいとは限らない

このような弁護士は大手法律事務所が多いのですが、地元にも債務整理を得意としている弁護士は少なくありません。
このような弁護士は「地の利」もあり、地元情報などを知っていることも少なくないのです。

 

大手には大手の良さがありますが、それだけではないことも知っておいた方がいいでしょう。

 

 

任意整理をするような人がどうして弁護士費用を支払えるのだろうかと思われるかもしれません。
しかし、任意整理開始とともに債務返済がストップすることで支払資金が捻出できるんですね。
もちろん残額は分割払い可能な弁護士がほとんどです。
支払の心配がないし、初回相談が無料なら、一度相談してみてはいかがでしょうか。

トップページへ戻る

借金を返せない時の対策はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時にすべきことだけ紹介しています。