上手な借金返済のコツとは

上手な借金返済のコツとして、早めに返済することが挙げられます。
利息負担が少なくなる方法ですから当然でしょう。
しかし、お金がなくて返済できなければ不可能です。
そうなってしまったら、法律事務所で債務整理の無料相談を受けることをお勧めします。

 

お金がなければ返せない

借金返済したくても、お金がなければ返済できません。
年収400万円の人が400万円の借金をしてしまったら、自力で返済することは難しいでしょう。

 

銀行系カードローンのように年収による融資制限がないローンは、融資残高が多くなりがちです。
また、クレジットカードのリボ払いも、残額が多くなれば返済が厳しくなります。

 

返せなくなる理由

とはいえ、現在返済できているから大丈夫だと思っている人も少なくありません。
しかし、勤めている会社の業績不振による減給がないと言い切れる人は多くないはずです。

 

万が一倒産してしまったら、給料がなくなってしまいます。
借金返済がきついと思っている人に貯金はないはずです。
返済不能になる理由はいくつでもあるでしょう。

 

年収を超えたら危険信号

年収は一つのガイドラインです。
自分が生活費などとして使える手取り給料は、年収の8割程度と言われています。
年収400万円の人は320万円で生活をしているわけです。
そこから借金返済がどの程度できるでしょうか。

 

400万円に対する利息は年利15%として60万円です。
利息だけですよ。

 

差押に遭う前に

万が一返済ができなくなると、消費者金融などの金融機関は訴訟を起こします。
そして、差押の準備をします。

 

給料から強制的に返済資金を回収していくのです。
生活が成り立たなくなるばかりでなく、職場の信用もなくすでしょう。
それだけではなく、自分の預金口座からも資金を回収するのです。

 

いざとなったら牙を剥きます

フレンドリーなCMからは想像もできない話ですが、金融機関の回収に対する執念は並大抵のものではありません。
いざとなったら牙を剥くのが金融機関であることは知っておいた方がいいでしょう。

 

甘く見ると大変なことになります。
そんなことになる前に自分から先手を打つことが大切です。

 

その前に借金を片付けましょう

消費者金融などの金融機関は、返済が滞ると最初に督促の電話をします。
しかし、応答がなかったり、返済をしてもらえなかったりすると督促状を送ってきます。
一定期間内に返済などをしないと訴訟にするという警告です。

 

これを無視していると本当に訴訟にされてしまいます。
その前に弁護士などに相談することが大切です。
これで問題は解決します。

 

弁護士に依頼して円満解決

弁護士に債務整理の相談をすると、ベストの方法を探ってくれます。
債務整理の方法はいくつかあり、弁護士は依頼者にとって一番負担が少ない方法を選択してくれるでしょう。

 

一番負担が軽いと言われるのが、元本だけの返済に留め、利息支払を免除させる任意整理です。
任意整理をすることで、元本返済だけになるため3年から5年で完済できてしまいます。

 

債務整理は難しくない

債務整理と聞くと、自己破産を想像して裁判所に出頭することが頭をよぎるかもしれません。
しかし、現実に自己破産をすることは多くありません。
実際には、先ほど紹介した任意整理で決着することがほとんどです。

 

任意整理であれば、弁護士に依頼してから1か月程度で決着がつくことが多いです。
スピーディーに借金返済への道筋ができます。

 

時間が経つほど面倒になります

ただ、借金が多くなると元本返済もできなくなってしまいます。
こうなると、もはや自己破産以外ありません。
官報に載り、載った日からヤミ金や詐欺師の訪問やDMが届き、載った事実は一生の瑕として残ってしまうのです。

 

こうなる前に対処することが大切ではないでしょうか。

 

早めの相談がベスト

このように返済できないほどの借金になってしまったら、早めに弁護士に相談することが上手な処理のコツと言えます。
任意整理であれば借金返済ということになるため、自分の義務は果たしたことになり、官報掲載などのデメリットはありません。

 

早めに相談することで大きなメリットがあると言えるのではないでしょうか。

 

最初の相談料は無料

弁護士に相談すると相談料が必要だと思っている人も多いでしょう。
しかし、弁護士に対する最初の相談は無料です。

 

これは債務整理の相談だけですが、相談者が5千円の相談料を支払えないことは弁護士も承知しています。
そのため無料としているのです。

 

WEBで探してみよう

そして、肝心な弁護士はWEBで探すことができます。
債務整理を得意とする弁護士の多くはWEBサイトを持っているからです。
そして、債務整理を得意とする弁護士を多く紹介するWEBサイトもあります。

 

身近な弁護士を探してみませんか?

 

借金返済ができなくなる目安として、年収が挙げられます。
住宅ローンや自動車ローンなどの長期返済ローンは別として、カードローンやリボ払いのような短期支払債務の残高が年収を超えたら赤信号です。

 

こうなると、いかに早く債務を圧縮するかが緊急性の高い問題になります。
この問題を解決する方法は弁護士による債務整理しかありません。
早めに相談すれば自分の負担も軽い方法を選択できます。

トップページへ戻る

借金を返せない時の対策はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時にすべきことだけ紹介しています。